【ダブル】INC最終レート1816 ゼクロム+カプ・レヒレ

 

 

INCお疲れさまでした。
ゼクロムで追い風してカプ・レヒレでみずびたしして殴る構築です。

f:id:gomapoke:20181205203957j:plain

ゼルネアス:臆病CS ゼクロム:慎重HAD カミツルギ:陽気AS
サザンドラ:臆病CS ガオガエン:意地HBD カプ・レヒレ:穏やかHDS

戦績:31勝7敗   最終レート1816(たぶん)

 

〇構築が決まるまで
WCSレートにグラードンが少ないこと、伝説無しや参加賞目当ての人にイージーウィンできる可能性が高いカイオーガ構築が多そうなことから、カイオーガを軸にしたパーティに強いパーティを組むことにしました。
グラードン+ゼルネアスは上手いカイオーガ使いに一方的にやられてしまう可能性があったため、カイオーガに特に強い禁止伝説を探しました。ボックスにゼクロムパルキアがいましたが、メインウエポンがハイドロポンプパルキアはしんどいと思い、ゼクロムを使うことにしました。
コケコを隣において鉢巻、チョッキを持たせたり、ピッピやビビヨンを隣に置いて弱点保険を持たせりしましたが、イマイチ活躍できずにいました。その時、テテフレシラムの構築を見つけました。レシラムもシード+天候なら活躍できるのか・・・じゃあゼクロムも・・・とカプ系を眺めていたらカプ・レヒレのみずびたしに目が留まり、これなら・・・!と思い構築を組み始めました。


ヒレと組ませるゼクロムの使えそうな物理技はクロスサンダーらいげきしかありません。ドラゴンクローはフィールドで半減され、思念の頭突きはモロバレルすら倒せず、テラボルテージはファントムガードを貫通できないのでかみくだくはうんち。クロスサンダー,追い風,まもるを確定として、残りの技は羽休めにしました。シード持ちポケモンの回復技はかなり強く、相手のガオガエンカミツルギにビビる必要がなかったり、追い風最終ターンにまもる読みで次の展開に備えられたりと非常に有用な技でした。
次に、レヒレのみずびたしで火力を下げて起点を作れるゼルネアスを採用。次に、対グラードン性能がそこそこあり、S操作ができるサザンドラ。対ゼルネアスに強い鋼枠としてチョッキメタグロスを採用していたのですが、追い風や凍える風と相性があまりよくなかったため、追い風下でジオコンゼルネアスを上から殴れるカミツルギを採用しました。最後の枠はウルガモスを採用していたのですが、ゼルネアス+カイオーガに出せないことが分かったのでガオガエンを採用しました。

 

ポケモン紹介

 

ゼクロムf:id:gomapoke:20181203222538p:plain
(性格 :慎重  持ち物:ミストシード) 意地っ張りのほうが実数値が高くなります。
(実数値:189 - 186 - 141 - 126 - 154 - 125   H108,A124,B4,D156,S116)
※全てミストシード発動後の計算
HD

・C183+2ゼルネアスの不一致ムーンフォースを確定耐え
・臆病カプ・テテフムーンフォースを高乱数で2耐え
A
・抜群クロスサンダー+凍える風で無振りゼルネアスを最低乱数切って倒せる
・抜群クロスサンダーで192-110までのカイオーガを確定一発
S
・追い風下で+1最速ゼルネアス抜き
(技  :クロスサンダー / 追い風 / まもる / 羽休め)
ミストシード発動後の耐久力はかなり高く、控え目オーガの冷凍ビーム+控え目ルンパッパの珠冷凍ビームを余裕をもって耐えます。シード持ちの伝説が回復技を持っているのはマジで強いですね。ゼクロム追い風,レヒレ凍える風という場面が少なくないのでここまでSを下げています。H振りカイオーガすら落とせない火力ですが、スカーフでないカイオーガを殴る場合は、味方の威張るを受けているのであまり気にはなりませんでした。攻撃技がクロスサンダー(PP8)しかありませんが、撃つときは相手を一発ないしは二発で倒せる時のみなので足りないと思ったことはありません。避雷針に吸われないので、トゲデマルライチュウパチリスにも臆することなく攻撃できるのも魅力です。

カプ・レヒレf:id:gomapoke:20181203230022p:plain
(性格:穏やか  持ち物:ウイの実)
(実数値:176 - 85 - 135 - 115 - 179 - 126  H244.D100,S164)
HD
・C183+2ゼルネアスの一致ムーンフォースを確定耐え
S
・Sゼクロム+1
(技:凍える風 / みずびたし / 挑発 / 威張る)
コンセプト上みずびたしは確定。トリル,追い風に薄めなので挑発。追い風だけではS操作が不十分なので凍える風。最後の枠は火力底上げの威張る。雷撃を採用する際は威張るでなく攻撃技か癒しの波動にするといいと思います。ゼクロムが先に倒された場合放置されがちなので、自然の怒りやムーンフォースを欲しい場面がありました。カイオーガ方向に交代読みも兼ねてみずびたしクロスサンダーを撃つのが楽しいです。ミストフィールは本当に優秀で、重力催眠やモロバレルなどにビビらず戦えるので精神的に楽です。

ゼルネアスf:id:gomapoke:20181203225936p:plain
(性格:臆病  持ち物:パワフルハーブ)
(実数値:201 - 135 - 115 - 183 - 119 - 166  C252.D4,S252)
・最速
(技:ムーンフォース / マジカルシャイン / まもる / ジオコントロール
相手のゼルネアスに50%以上で上をとれる最速。パーティパワーを下げたくないのでC特化。

サザンドラf:id:gomapoke:20181203222524p:plain
(性格:臆病  持ち物:気合のタスキ)
(実数値:167 - 112 - 110 - 177 - 111 - 165  C252,D4,S252)
・最速
(技:悪の波動 / 大地の力 / まもる / 追い風)
テテフ、ルナアーラとのS関係を見たかったので最速。グラバナ意識でラムの実にしてましたが、ゼルネアスとテテフにボコられたのでタスキを持たせました。レヒレに対するエスパー技読み、ゼクロムに対する地面技読みで出すことが多く、個人的にはかなり強いポケモンだなあと思いました。大地の力はあまり警戒されなかったようで、ツンデツンデを何度も倒してくれました。

カミツルギf:id:gomapoke:20181203230005p:plain
(性格:陽気  持ち物:ピントレンズ)
(実数値:134 - 233 - 151 - 71 - 52 - 177  A252,D4,S252)
・最速
(技:リーフブレード / 聖なる剣 / みきり / 追い風)
タスキもチョッキも持てないのでピントレンズを持たせました。本当は命の珠を持たせたかったのですが、珠ダメを受けるとタスキやチョッキでないことがバレてしまうのでこのアイテムになりました。相手視点だと襷が濃厚なのでスカーフテテフによくマジカルシャインを撃たれました。叩き落とすを採用していると、安易な場面で使ってしまうと思ったので思い切って切りました。ミラー意識で聖なる剣を採用。聖なる剣の急所でH振りガオガエンを確定一発らしいですが当てにしてません()

 

ガオガエンf:id:gomapoke:20181203222457p:plain
(性格:意地  持ち物:突撃チョッキ)
(実数値:201 - 155 - 123 - 90 - 122 - 84  H244,A44,B100,D92,S28)
HB
・A-1カミツルギ聖なる剣を最高乱数2連続引かれない限り2耐え
S
・同速意識。最遅90族抜かれ。
(技:フレアドライブ / 叩き落とす / とんぼ返り / ねこだまし
テテフ,ネクロズマ,カミツルギに対して何度も後出しをしたかったのでHBベースのチョッキガオガエンを使いました。対トリルグラカイを少し意識してSを落としましたが、追い風下で最速カミツルギを抜けるぐらいまで上げたほうがいいかもしれません。始めはバークアウトを採用していましたが、それ以上に叩き落とすが欲しかったので搭載しました。無難に強い。

 

〇選出
基本:表ゼクロムカプ・レヒレ 裏ゼルネアス+サザンドラ
対トリル(ツンデツンデ以外):裏サザンドラガオガエン
対トリル(ツンデツンデ):基本選出と変わらず
対グラゼルネテテフライド:表カプ・レヒレカミツルギ 裏ゼルネアス+ガオガエンサザンドラ
対ゼルネオーガ+ガエン:表ゼルネアス+ガオガエン 裏ゼクロム+レヒレ

初手は大体ゼクロムおいかぜ レヒレ凍える風or挑発から入ります。この2匹はどちらも一般枠とカイオーガに倒されることはほとんどないので、此方の2匹が上から行動できる環境を作ります。ゼクロムは羽休めとまもるで場に居座りながらレヒレで環境を整えます。レヒレが先に倒された場合は追い風or凍える風が1度は使えているのでゼルネアスでジオコントロールしながら勝ちを狙いに行くことができます。


〇キツイ相手
初手のカミツルギクロバット 裏グラードン:相手の追い風が切れる最終ターンにこちらが追い風をして且つどちらも倒さないといけないので無理。
初手ガオガエン+ゼルネアス 裏モロバレル:初手にガオガエンモロバレルにバックされると負けるので、バックモロバレル読みでジオコン+ガエン方向にフレドラ当てないとほぼ負け。
トリトドン:このポケモンのためだけに基本選出を崩されるので極力相手したくない。


〇最後に
最近どのルールでも全く勝てなかったので純粋にうれしいです。INC潜り始めた時も「1750ぐらいのれたらいいなあ」ぐらいのテンションだったのですが、グラードン構築と3回しか当たらず、他の大半がカイオーガ軸構築だったのでマッチング運がめちゃくちゃよかったんだと思います。選出やキツイ相手の欄でも書いているように、対猫+ゼルネアス、グラードン+追い風の構築に対してかなり怪しい動きをとらなくてはならないので、まだまだ改善できるんだろうなあと思います。レートも勝率も予選抜けには届かないと思うので公開しましたが、これを機にゼクロム軸の構築が増えてくれないかなあと思ってます(僕が参考にしたいので)。ムーンシリーズもやると思うのでまたよろしくお願いします~。

 

〇 QRレンタルチーム
3ds.pokemon-gl.com

一度使ってみてください!


〇感謝
ひまりくん、腐敗電脳メルニアくん