はじめまして。

 

 

 

レートは5世代からやってます。
全ルール対戦できますがどのルールも1700~1800ぐらいです。

 

【シングル】残飯HSカバルドン

 

対受けループを意識しました。

わんぱく@たべのこし
実数値:209-144-152-xx-93-93
努力値:H204 A52 B4 D4 S204
技:地震 / ステルスロック / みがわり / 吹き飛ばし
耐久:無ふりグライオン地震を身代わりが確定耐え
素早さ:12振りエアームド抜き
火力:威嚇込みでH252メガクチートに78~92ダメージ

耐久が足りないので後出ししづらかったです;;

【ダブル】ニンフィア@半減実

 

 

 

f:id:gomapoke:20180409233904p:plainひかえめ@半減実
実数値:196-xx-117-145-151-85
努力値:H204 B252 C12 D4 S36
技  :ハイパーボイス / なにか / なにか / なにか
耐久 :意地ドリュウズアイアンヘッド+砂耐え
    ルンパッパの雨ドロポンZで木の実が確定発動

ムーンフォースは防音ジャラランガなど撃つ相手がそこそこいます。

【ダブル】ガチゴラス

 

いじっぱり がんじょうあご

実数値:157-187-139-xx-98-108
努力値:A228 D148 S132
技  :いわなだれ / 氷の牙 / なにか / なにか
火力 :威嚇込みでH4振りランドロスを氷の牙で確定一発
耐久 :臆病珠カプ・コケコのダブルダメマジカルシャインを確定耐え
素早さ:追い風下で準速スカーフランドロス抜き

 

持ち物と技構成に余裕があるのでいろいろ試してみたい。

【ダブル】氷Zフェローチェ

 

 

 

ランドロスモロバレルが嫌だったので。

f:id:gomapoke:20180407232344p:plainおくびょう@氷Z

実数値:147 - xx - 58 - 171 - 180 - 217
努力値:H4 B4 C108 D180 S212
技  :むしのさざめき / れいとうビーム / なにか / なにか
火力 :H252-D12モロバレルを確定1発
耐久 :臆病カプ・コケコのマジカルシャインを確定耐え
素早さ:準速スカーフランドロス+3

 

最速にすると準速スカーフカプ・テテフを抜けるのでそっちのほうがいいです。

Cの努力値と持ち物以外あんま意味ありません。

練馬のチョココロネ【ローテ一周忌使用構築】

 

※練馬要素はほとんどありません。 

 

 

無事希望休が通ったのでローテ一周忌オフに参加してきました。
一から自分の構築を考える時間がなかったので、知り合いのブログからパーティを真似て作ることに。一部の話題性を考えてラッキーランドでも良かったのですが、わんぱくランドロスを厳選する時間がなかったので、友人のエウネーンくんのげおづで : 【ローテ】ボツ構築アルバムから面白そうなチョココロネ構築を借りることに。レベル1が2匹、準伝説もいないので用意が楽そう!!

構築の内容を簡単に説明すると

チョロネコココドラ(モロバレル)を回転盤に乗せます。
ココドラorモロバレルが後攻でがむしゃらorキノコの胞子をします。
③次のターンでチョロネコのまねっこを使うと優先度+1(悪戯心)でがむしゃらorキノコの胞子を使えます。

初見でバレることは殆どありませんが、バレたとしても次のターンにレベル1がむしゃらorキノコの胞子が優先度+1から飛んでくるのはかなりのプレッシャーなはず。

レベル1チョロネコ、レベル1ココドラモロバレルから構築がスタート。
3匹合わせて52レベルしか無く、穴だらけではありますが、どうしようもなくキツそうなポケモンを対策して補完していきます。

●めっちゃキツそうなポケモン
メガガルーラ(2回攻撃)
キノガッサ(種マシンガン、モロバレルを無理やり合わせるしかない)
・ゴーストタイプ。特にブルンゲルギルガルド

他にもいるとは思いますが、この辺をメタることに。
モロバレルゴツゴツメットを持たせてもよかったのですが、最低1回は行動してほしかったので気合いの襷の次に優先度が高そうなオッカの実を持たせました。
後は上記に強そうな噛み砕くメガガルーラ、身代わりガブリアスゴツゴツメットバルジーナを入れました。

 

 

●個別解説

f:id:gomapoke:20171107204905g:plainきまぐれ@気合いの襷 NNネリマのよる
11 - 6 - 6 - 6 - 6 - 6
まねっこ / あくび / アンコール / ふいうち
コンセプトのまねっこは確定として、残りは妨害できそうなあくびとアンコール。襷発動後に生存したことを考えてふいうちを搭載しましたが、上からがむしゃらを撃つと相手のHPが11残り、威力が足りなくて負けた試合がいくつかあったのでどくどく辺りがいいと思います。立ってるチョロネコ可愛すぎる。

f:id:gomapoke:20171107205436g:plainようき@木の実ジュース NNネリマのひる
12 - 6 - 7 - 4 - 6 - 5
がむしゃら / ほえる / まもる / 岩石封じ
技構成が初心者。がむしゃら+まもる@2が思いつかず、ほえると岩石封じを入れましたが、どちらも使わず。どくどくがめっちゃほしかったです。ココドラプロいたら技構成教えてください。

f:id:gomapoke:20171107205823g:plainずぶとい@オッカの実 
221 - 92 - 134 - 105 - 101 - 50
キノコの胞子 / エナジーボール / いえき / しっぺがえし
オッカの実込みでメガリザYの大文字を75%で耐える。チョロネコココドラモロバレルと選出することがあると思ったので、ブルンゲル対策の草技とギルガルドの身代わり対策のしっぺがえしを入れました。A下降補正でも、ずぶといギルガルドでなければ身代わりが割れるので良し。S無補正のおかげで最遅クチートを抜くことができました(結構大きかった)。

f:id:gomapoke:20171107210958g:plainいじっぱり@ガルーラナイト
197 - 161 - 101 - 46 - 101 - 125
おんがえし / かみくだく / ふいうち / グロウパンチ
偉いと言わせるためのかみくだく

f:id:gomapoke:20171107211321g:plainようき@命の玉
184 - 182 - 115 - 86 - 105 - 169
ドラゴンクロー / じしん / みがわり / がんせきふうじ
ガブリアスつよ。

f:id:gomapoke:20171107211736g:plainわんぱく@ゴツゴツメット
HB特化(レベル54なのでよくわからない)
イカサマ / ちょうはつ / おいかぜ / はねやすめ
ギルガルドとガルーラにかなり強いので採用したんですが、その後の調整がフワフワしすぎて微妙な技構成になりました。構築的に追い風はバークアウトかどくどく辺りにすべきだったかなあ。

 

●基本選出

f:id:gomapoke:20171107204905g:plainf:id:gomapoke:20171107205436g:plainf:id:gomapoke:20171107205823g:plainorf:id:gomapoke:20171107211736g:plain 裏f:id:gomapoke:20171107210958g:plain

がむしゃらと胞子で乱してガルーラでフィニッシュ。

 

●戦績

3勝4敗
どの試合も白熱するいい試合ばかりで楽しかったです。

●使った感想
全試合で対戦相手にゴーストタイプが入っていたり、ダブルチョップを採用していたり、悩みの種を採用していたりと、ブロック内の人の対策意識が高いと思い感心しました(自分はあまりココドラとか対策しないので)。見せ合い画面で相手が驚いてくれたり、猫の手胞子を警戒してくれたりと対戦相手が見えるオフ会では楽しい構築だったんじゃないかなあと思います。ポケモンはレベルが高いほうが強いということをローテで知りました。ネリーマルに感謝。

 

オフレポはseem家を丸裸にしてしまいそうなので思い出にとどめておきます。

ローテ一周忌楽しかったです!ありがとうございました!!!

 

 

●特に楽しかった試合

 

【ダブル】1800には到達できたけど・・・【反省】

 

WCSの日本予選が終わり、ダブルレートに人が増えると思ったので潜って見ることにしました。ポケモンの型を考えている時や、実際に変わった型が上手く決まった時は凄く楽しかったのですが、後で見返すとよく分からないパーティになっていました。

パーティはこんな感じです。

 

f:id:gomapoke:20170719084601p:plain

XYの時からスカーフランドロスが苦手で、スカーフランドロスを上から倒せそうなポケモンを考えるのが好きでした。そこで、意地っ張りスカーフランドロスを上から攻撃できるメガフーディン(めざめるパワー氷)からパーティを組むことにしました。ある程度パーティが決まらなきゃ1匹ずつ補完しても意味ないだろうと思い、適当に使いたいポケモンを3匹入れました。フーディンの火力を上げるカプ・テテフ。地面単体高火力技を使ってみたかったので陽気地面Zランドロスランドロスの威嚇と合わせたら発動機会が多そうな弱点保険バンギラス。4匹仮決定しました。

f:id:gomapoke:20170718235309g:plainf:id:gomapoke:20170718235338g:plainf:id:gomapoke:20170718235344g:plainf:id:gomapoke:20170718235348g:plain

メガフーディンは最速でめざ氷で無振りガブリアスが落とせるぐらいまでCに振り、生存確率を高めるために残りをHBに回しました。カプ・テテフは雑に殴れるように+コケコより後に特性を発動させられるようにきあいのタスキを持ちます。ここまででガルーラがきついだろうなぁ・・・と思ったのでランドロスにばかぢからを搭載(倒せるとは言ってない)。バンギラスはせっかく弱点保険を持たせるならと思って両刀にしました。

ここで悪い癖が出ます。バンギラスをHBベースにして、威嚇込でランドロスのZ地震を耐えることが出来ればランドロスメガクチートを返り討ちに出来るのでは!?!?とか変なことを考え、のんきHBCベースのこんな型になってしまいました。最初は岩雪崩 / 火炎放射 / 冷凍ビーム / まもるという謎構成で、ナットレイカミツルギが結構いたので火炎放射はそれなりに刺さりましたが、弱点保険が発動してもクレセリアの遂行速度が極端に遅かったり、岩雪崩の火力がしょっぱかったりと思うようには行きませんでした。変な型にしてもいいけど、そのポケモンが本来倒せるであろうポケモンが倒せなくなってしまうのはダメだよねってことが分かりました。

4匹決まったところで、バンドリマンダが極端にキツイなってことが分かり、4匹の改善をせず残りの2匹で補完することにしました。浮いててそれらのポケモンに強めな水ロトムテッカグヤを採用しました。本当は浮いてる追い風枠にしようと思ったのですが、サンダーやスイクンを用意するのが面倒だったことから、相手の追い風を取ればいいじゃん~ってことでロトムに横取りを入れました。完全に甘えています。実際は、そもそも水ロトム+αで出し勝つことが少なく、相手の追い風を簡単に許してしまう展開が多かったです。ほとんどのスカーフランドロスが陽気だったり、ランドロスの地面Zを相手のランドロスクレセリアに交わされて倒したいポケモンが倒せず負けたり、フーディンカプ・テテフを並べても1匹のメタグロスに崩壊させられたりと苦しい試合ばかりでした。カプ・テテフバンギラスを並べたい試合が多く、気合のタスキ削りたくねえ・・・みたいな試合もあって反省してます。

このパーティで100戦近く対戦し、ポケモンの火力や耐久を感覚でつかんだり、〇〇パにはこう動こうみたいな意識をしたりしてレート1800には辿り着いたものの、1830近辺でウロチョロしていました。

f:id:gomapoke:20170719211452p:plain

このパーティを通して
・使いたいポケモンを適当に詰め込んで組むのは危険
・基本選出を考えていないので毎度選出が変わって勝率が安定しない
・目の前にいるポケモンのことだけを意識して僕が考えたさいきょー型を使っても汎用性が落ちるだけ
・S操作がないパーティを使いこなすほど実力が無かった
上記のようなことが分かりました。

1800乗せて嬉しい~~~~で終わったらこのまま考えが変わらないまま次のシーズンも戦うことになると思ったので、反省の意味を込めてこのブログを書きました。シーズン5は名前から考えた構築で楽しく遊ぼうと思います。